ファンシップ株式会社

代表者 プロフィール

【小宮 仁至】ファンシップ(株) 代表取締役 兼 レンアイ型Ⓡ採用コンサルタント。
1979年生まれ 熊本県出身 2002年より沖縄移住。現在、沖縄出身の妻、2人の子供と4人で暮らす。2015年ファンシップ(株)を創業。「沖縄の企業はコンサルティング料金なんて払わないよ」と言われていた中、士業でもなく、公的事業にも頼らず、独自のレンアイ型Ⓡ採用メソッドで3年連続顧客を増やし続け、100社以上のコンサル契約を実現。現在は「新しい働き方のモデルを沖縄から」を目指して、あらゆるベストマッチングを増やすために奮闘中。

年間約50回以上、公的機関でのセミナーを開催。これまで1300人以上が受講。
業種業態・規模の大小は問わず、【定着する採用】をモットーにコンサルティングを行い、これまでの 個別相談企業は300社以上、コンサルティング期間中の採用成功率87%。顧問先からは『小宮さんの周りだけ人手不足じゃない』と言われている。

  • 【専門家登録機関】
    沖縄県産業振興公社専門家派遣
    沖縄県商工会議所連合会 エキスパートバンク
    【相談員担当窓口】平成29年度~平成31年度
    沖縄県委託事業 事業主向け雇用支援事業
    グッジョブ相談ステーション採用支援相談員

ンアイ型Ⓡ採用誕生ストーリー

原点と背景

私が社会で出た時代は、今とは真逆で「就職超氷河期」と呼ばれた時代でした。大企業に就職し、60歳まで頑張れば、その後は穏やかで安定した生活が待っている…。そんな神話のような物語はもう信じられない。だからと言って、それ以外にこれからどんな働き方があるのか分からない。自分らしく働いてみたいけど、その自分らしさって何なのかがわからない。そんな思いを抱えたまま、2002年熊本を飛び出して沖縄にやってきました。

私の実家は、熊本市内の中心分から車で30分以上離れている山の麓で「子どもの本の専門店」を営んでいます。本はAmazonで買える時代に、小さな書店がこんな場所で存在していることに、よく驚かれます。

「ブランディング」とか「独自化」なんて言葉がなかった約40年前から、よくもまぁこんな尖がったことをやってたもんだと、今さらながら敬服します。「誰にも真似できない事業」としてのお手本であり、小さくても愛される企業としての目標でもあります。
また幼い頃から母が選んでくれた良質な物語の中で暮らせたことは、私の「うまく言葉にできない人たちの想いを言語化する能力」の源泉になっていると思っています。

人に伝えることを続けたキャリア

私のキャリアの中で、とにかく一貫していることは「分かりやすく伝える言語化」と「人間の本質的な部分への興味」です。フリーマガジンの営業職では、当時「フリーマガジンなんだから、広告掲載料も0円でしょ?」と言い放つ掲載店にも、メディアとしての活用法を分かりやすく説いて回ったりしました。

WEB制作会社のディレクターをやった時も、小さくても可能性がある事業をしている人に発信力不足がいかに機会損失を生むか、HPの役割と意図を根気よくお伝えしました。
プライベートでも、できるだけ多く人の物語を聞きたくてお酒を酌み交わす日々でした。沖縄ブームの20年前から沖縄に通っている業界人から、自分が個人的に開店するbar?スナック?のスタッフに私を引き抜こうしたどこぞの社長夫人まで。
その人その人の肩書や外面とは違う、本音や素の部分が見えた時が一番充実した気持ちになる…そんな20代でした。

実は19歳の頃に「起業家精神」という言葉に出会って以来、常に「いつかは起業したい。」という漠然とした想いはありました。ただ、緻密に計画し続けたわけではなく、その都度自分の選択肢のひとつに必ずあった目標でした。
それでも、時は流れ私は35歳になっていました。愛する二人の子供にも恵まれました。それなのに、社会に出た時に抱えていた疑問。

「自分らしく働くとはどういうことか?」

これに答えを出せない自分に苛立ち、持て余し、やや失望しかけている日々を送っていました。つまりは自分のチカラのことの2割も発揮していないような気分。でも実は使っていない8割のチカラなんてないんじゃないかと、自分で自分を疑う気持ち。
それでも人生は1度きり。いつかやりたいなら、今やらないと手遅れになる。そう思ってファンシップ㈱を立ち上げたのが2014年の暮れ。2015年2月に登記が完了しました。

起業といきなりの挫折

創業時に決めていたことは、人手不足の波なかで様々なニーズが生まれてくるであろう「採用」の分野で事業をすること。それ以外は、私の原体験である実家の書店のような小さくても長く愛され、たくさんの人に愛される会社をしたいということでした。
2015年。人材不足時代の足音が沖縄にも聞こえだしたこの年に、当時、沖縄にはなかったスマートフォンのメディアに特化した求人メディアの運営からスタートしました。
ただ、計画もビジョンも経営者としての資質も全てが甘く、スタートから1年も経たないうちに、資金がなくなり、人もいなくなり、創業2年目にして最大の危機を迎えました。

ただ不思議なことに、私自身、1年で資金と人がいなくなり客観的にみて事業は後退しているにも関わらず、気持ちが落ち着き、非常に晴れやかな気持ちでした。「ここまで来たら自分の好きなことを好きなようにやるしかない。それでダメだったら、僕はダメだってことだ。」
今思えば、この時初めて自分らしく働きだしたのかもしれません。
この時、決めたことは2つ。

『採用という相手が「人」であるこの事業領域は、楽しいし、続けたい。』
『どうせ1人になったのだから、これまでの自分のキャリア(物語)を全部使おう。』

その結果、生まれたのが「レンアイ型Ⓡ採用コンサルティング」というサービスです。

レンアイ型Ⓡ採用コンサルティングの誕生

これまでの私は自分に自信が持ち切れず、自分の考えより、今流行のマーケティング思考を優先したり、自分の言葉で伝えたいのに、先行している誰かに代弁してもらおうとしていました。それを一切辞めて、「本当にあなたの会社を好きになってくれる人を採用したいなら、こうしたらいい!私ならこうする!」と発信し始めたのです。

それからは、これまで景色がガラッと180°変わる毎日が訪れました。小さなカフェの会議室で行った最初のレンアイ型Ⓡ採用セミナー。その2ヶ月後には那覇商工会の主催で30名以上の経営者の前でセミナーを開催していました。
実績もない私とコンサル契約を結んでもらった企業様にも、採用の実績がどんどんと生まれて、あっという間に3年間で100社を超えるコンサル契約、年間100組以上の、レンアイ型の「相思相愛な状態」での雇用のマッチングが生まれるようになりました。

レンアイ型採用コンサルティング。というサービスを始めて、それまでの35年間と比べ物にならない貴重な出会いの数々に恵まれました。 そして、きっとこれからも、私がこのことを忘れない限りずっと素敵な人たちとの出会いは続いていくと信じています。
それはどんなに社会や時代が目まぐるしく変わっていっても

「自分らしく働く」

ということ。そして

「自分らしく働く人」を一人でも多く増やすお手伝いをいくということ。

レンアイ型Ⓡ採用で自分らしく働く人を毎年1万人創出したい。それが今の私の目標です。

Contact お問い合わせ

必要事項をご記入の上、送信お願いいたします。
確認後、改めてご連絡いたします。

企業名
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須希望の内容
必須内容
必須迷惑メール対策

迷惑メール対策のため「ファンシップ」と入力してください。

「必須」は必須項目です。※お問い合わせフォームの必要事項をご記入の上、送信をお願いいたします。

※送信後にお問い合わせ完了のメールが届かなかった場合は、メールアドレスが間違っているか、 迷惑メールに分類されている可能性がありますので、いま一度ご確認をお願いいたします。