株式会社 life is love ライフイズラブ|

Event 研修・セミナーのご案内

【これから働く人が実名顔出し投稿をおススメする理由】

沖縄でコンサル費用だけで事業をして、人も雇って、オフィスも構えているなんて、何か裏があるに違いない!と怪しまれている小宮です。みなさん、お元気ですか?僕は元気です(笑)

さて、別に親の莫大な遺産があるわけでも、妻の実家が軍用地主でもないので、たいした裏がないのが私です。
マル経や地元金融機関のお世話になっておりますが。
(セーフティーネットも申請しなきゃ。)

さて、そんなことが伝わっているのかいないのか
ちょいちょい「起業・フリーランス相談」めいたことがあります。
そんな時は決まって、実名・顔出しそして習慣化するほどの投稿をおススメしています。

それはなぜというと、私のビジネスマンとしてのキャリアは
ほとんど「社名も商品名も知られていない」零細企業でのキャリアでした。
これって、すっごい重要で、どんなビジネスでも契約までの道のりを10合目と例えると、ホント1合目から登っていかないといけない感じなんです。

社名や商品名が知られている、認知されているところで働いていた人は、私的には5合目スタートの山登りしかしたことがない人に見えます。

別にそのキャリアの良し悪しを論じたいわけではありません。ただ5合目からスタートした経験がない人は、1合目~5合目の山登りを、完全に認識していない。想像さえしていないんですね。
これが、めちゃくちゃなスベリ方をする要因だと思っています。

5合目スタートの人は、頂上まで行った経験があるので、まさか自分が山登りの経験がないとは思っていないのです。
ところがどっこい、山は1合目からあるし、けっこうダラダラと、つまらない退屈な山道が5合目まで続くのです。
ここで油断したり、面倒がったりして、失敗の要因を作ったりしてしまうようです。

つまり「自分が何者か知ってもらう」という行為は商売において、約50%くらいの重要性があるのに、ここを軽く見てしまう。商品の良し悪しやサービスの質や会社の理念なんか、5合目以降の話なんですね。

これを、どこかに勤めながら経験しようと思ったら
実名顔出しでSNSに投稿することをおススメします。

全然、読まれなかったり、曲解して伝わったり、そもそも何を書いていいか分からないかもしれません。
それでも、会社や商品のブランドを排除した自分自身の名前ので社会的評価がそれにあたるってことを目の当たりにすることができます。
ここくらいで心が折れるようなら、この先やっていけません(笑)

これ以上のツラい経験が、起業やフリーランスになるとやってくる…。つまり自分の名前で仕事をしようとすると必ずやってくる。あなたが何かの天才か、莫大な遺産かがない限りは。

どこかの会社に雇用される働き方以外を、求めていくは大賛成で今後そういう流れを大きくなるし、僕もそうなるように力は注いでいこうとは思っていますが、現時点の考えをまとめておきました。

月別のアーカイブ

Contact お問い合わせ

必要事項をご記入の上、送信お願いいたします。
確認後、改めてご連絡いたします。

企業名
必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須希望の内容
必須内容
必須迷惑メール対策

迷惑メール対策のため「ファンシップ」と入力してください。

「必須」は必須項目です。※お問い合わせフォームの必要事項をご記入の上、送信をお願いいたします。

※送信後にお問い合わせ完了のメールが届かなかった場合は、メールアドレスが間違っているか、 迷惑メールに分類されている可能性がありますので、いま一度ご確認をお願いいたします。